水草通販専門店アクアプランツ

商品検索
キーワード
商品カテゴリ

 営業日カレンダー


  ■・・・休業日

  会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

 

トップページお支払・配送について新着情報お問い合わせ会員登録カートの中


    水草と農薬


    水草には毒草があるという話がありました.。アヌビアス類もその様に言われましたが
    ごく一部の水草をのぞき毒性がある水草はありません。

    このような話が出た原因は水草に付着してくる残留農薬が原因と思われます。

    輸入水草は通関時の検疫対策のため出荷時に農薬に浸漬されています。

    大手ファームで使われている農薬を確認したところ、
    2種類の農薬を混用されていました。

     ひとつは哺乳動物に極めて毒性が低く(普通物)、
    限られた昆虫にのみに活性が強いタイプで、
    魚毒性もありますが高濃度でなければ問題ないなど、
    選択性をもつ比較的安全な薬剤です。

    通関時に問題となる貝類を処理するために使用されている
    もう一種類の農薬は、エビ、カニ、ミジンコなどにも感受性が高く、
    残留農薬でもこれらの生物は死んでしまいます
    ただし魚類の寄生虫駆除にも用いられる薬剤のため、
    残留農薬量程度では魚類に対しては比較的安全といえます

    エビに致命的ダメージを与えるのは
    後者の薬剤と思われますが、
    水溶性のため水に浸けることにより、
    安全なレベルまで残留農薬を減らすことが可能です。



    残留農薬の症状

    エビが激しく動きまわったり、逆さに泳ぐ、
    水面からジャンプするなどの異常行動を示します

    もしエビなどの生体に何らかの影響がでましたら
    直ぐに大量の水換えと原因となった水草を取り出してください

    ※出来るだけ多くの水を抜き一気に新しい水に入れ替えてください
    温度合わせよりも水替えを優先します



    農薬の抜き方(保証するものではありません)


    薬害は水草を入れて直ぐに生じるほど 水溶性の高いものです
    その為、水にさらし残留農薬の濃度を下げることが出来ます

    1.ロックウールは全て取り除く

      ロックウールが吸着した農薬は水洗程度では除去できません
      必ず真っ先に根を傷めないよう丁寧に取り除いて下さい

                                
    2.大きめのバケツやタライに水を張り水草を入れる。               
     
      通常の水道水であれば水温を気にしなくても問題ありません
      また塩素を抜く必要もありません
      水は多いほど良いです                           


    3.一時間おきに水を全量入れ替える。                       
      
      
      

    この作業を3〜5回繰り返してください
    残留濃度、水草の量、水の量によって変わりますが
    回数が多いほど安全性が高まります 

    数日間、水草を浸け置きする方法もありますが、
    浸け置き中は温度管理、光、エアレーションによる酸素供給などを整え
    水草が傷まない環境にして下さい 


    以上、ご留意の程お願い致します 
     

 

 


COPYRIGHT © Aquaplant.net
本サイトの文章および水草画像などの著作権は当店およびGRASSY AQUA撮影者に帰属します。
本站所使用的圖形或網頁素材,其著作權均屬於本站作者

Seller will not ship internationally.